bootstrap template

シニアカー・電動車椅子
の保険

任意保険への加入は必要か?

シニアカー・電動車椅子は、道路交通法上では「歩行者」の扱いになりますが、「乗り物」である事に変わりはありません。
歩行者扱いが故、自賠責等の制度もありませんので注意が必要です。

シニアカー・電動車いすで起こる事故

Mobirise

加害者になるケース

人間同士の接触と違い、シニアカー・電動車いすは人間と接触した場合に大きな衝撃を与える事があります。
また、気づかない内に、小さなお子さんの足を轢いてしまう事も。

Mobirise

被害者になるケース

よくあるのが、自転車との接触事故です。

自転車とシニアカー・電動車いすの速度差から事故が起こる事が度々あります。

Mobirise

自損によるケース

運転に慣れないうちは、ご自分でシニアカー・電動車いすをぶつけてしまう場合があります。

あまりスピードが出ませんので、外装の損傷等が大半です。

Mobirise

万が一に備える任意保険

お車ほどではありませんが、事故の被害者や加害者になった場合、損害が出る場合があります。
また、シニアカー・電動車いすには「自賠責」等の強制賠償保険の制度もありませんので、ご自身で任意保険に加入するのが賢明です。

個人賠償責任特約への加入

最も一般的なシニアカー・電動車いすの保険は、現在加入中の「自動車保険」や「火災保険」等の保険に特約を付ける事です。

多くの保険で、被保険者とその家族が補償の対象となるため、出費も数百円~2千円までの間になると思います。

もちろん、シニアカー・電動車いす以外の徒歩や自転車での事故も含まれますので幅広い補償を受けられます。

単体で個人賠償責任保険に加入する

新たに保険に加入するのは「割高」と感じるかもしれませんが、保険料は1000円程度から2000円程度になります。



シニアカー・電動車椅子の比較サイト



シニアカー・電動車椅子選びで迷ったら読んでほしい、比較、おすすめシニアカーを掲載するサイト。