free bootstrap theme

高齢者の暴走事故・交通事故

免許返納のきっかけの「切り札」シニアカー

たとえ「今」元気に運転できても、いつ「その日」が来るかはわかりません。
「ただ免許を返納して」と言うだけでなく、高齢者の事を考えて、新たな移動手段を用意するのは大切なことです。

高齢者の事故は「高齢者」だけの責任ではない

家族だからこそ出来る「免許書返納」の準備

1

いつ起こるかわからない事故

たとえ今は元気に車を運転できる状態であっても、いつ暴走事故を起こすかは誰にもわかりません。

車側の問題も取り沙汰されていますが、もし交通事故を起こってしまった場合、運転者もしくは車側どちらに原因があったとしても、大きなトラブルになるのは避けられません。

2

代わりになる移動手段

ただ「もう危ないから運転しないで」と言っても、高齢者の方の新たな移動手段を考えなければなりません。

そうです。
目の前に「新たな移動手段」があるのと無いのでは、免許書返納へのスピードも大きく変わってくるからです。

3

大切なのは「きっかけ」

多くの高齢者の方が「いつまで運転できるのか?」「いつか自分が暴走事故を起こすのではないか?」といった心配を自覚しています。

おる程度、近いうちに「免許書を返す時が迫っている」というのは多くの方がわかっているのです。

シニアカー・電動車いすが新しい移動手段

いつか来る免許書返納に備えて

1

シニアカー・電動車いすに触れてもらう

様々な場所でシニアカー・電動車いすに触れる機会は作れます。
現在は、シニアカー・電動車いすを「新しい移動手段」とは考えられない方でも、それに触れる事により考え方を変えてしまう方は少なくありません。

2

シニアカー・電動車いすをプレゼントする

やはり、人間は目の前に「新たな移動手段」があるのと無いとでは大きく行動が違うものです。
お誕生日、敬老の日に思い切ってシニアカー・電動車いすを贈ってみるのも良い考えだと思います。

高齢者は、「せっかく貰ったものを使わない」というのは「勿体ない」と考えがちですので。



シニアカー・電動車椅子の比較サイト



シニアカー・電動車椅子選びで迷ったら読んでほしい、比較、おすすめシニアカーを掲載するサイト。