おすすめシルバーカー・手押し車

おすすめできるシルバーカー・手押し車

シルバーカー需要の増加がもたらしたもの

シニアカーと聞くと、まだまだ「それほど目にしない乗り物」というイメージかもしれませんが、こと「シルバーカー」においては「高齢者=手押し車」的なイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

昨今「少子高齢化社会」が叫ばれて久しいですが、近年シルバーカーの販売台数が増加しているため、ベビーカーメーカー、介護用品メーカーから家庭用品製造の会社まで多くのメーカーがこの業界に参入しています。

さらには、海外から安価な中国製のシルバーカーも入ってきているので、結果

「多くのシルバーカー」が市場に流通しています

しかし、同時に粗悪なシルバーカーの数も自然と増えてきていますので、せっかくのプレゼントや購入で「粗悪品を選んでしまう」事は避けたいものです。

現状は、1社で「十数種類の車種」をラインナップしてメーカーも少なくありませんので、全体でどれほど多くのシルバーカーが販売されているのかは想像してもらえると思います。

結果、初めて選ぶ方にとっては、実に

シルバーカー選びに迷ってしまう時代

になったといえます。

現実、それだけ多くの種類のシルバーカーが様々な場所で販売されているのです。

シルバーカー選びのポイント

安くて安心なシルバーカーの選び方

最近、ホームセンターやAmazon等のネットショップでも安価なシルバーカーをよく見かけるようになりましたよね?

事実、「歩行に少し不安が出てきた」方にとっては、初めての介護用品として多くのシニア層やその家族に購入されている代表的な歩行補助具になります。

もちろん、買い物や外出の際に「荷物を運ぶ」ような用途にも利用されるため、自転車を卒業した高齢者にとっても必需品レベルと言っても過言ではないでしょう。


そもそも、安価なシルバーカーと高価なものの違いはどこにあるのでしょうか?

あくまで、シルバーカーは「荷物を運ぶため」や「疲れた時に腰掛ける」目的のものですので、歩行が困難な方が使用する事を想定していないものも多く流通していますので、歩行が困難な方は初めから「歩行器」を選択する方がいいでしょう。

フレームの材質

安価なシルバーカーは材質が「スチール(鉄)」である事が多く、スチール製のシルバーカーは重量が重く、長期間使用していると錆が発生する事があります。

反対にアルミフレームは、スチールに比べて軽量なため、本体の重量が抑えられ、軽やかな移動を可能にするのはもちろん、折り畳み時や普段使用の際の「ちょっとした動作」が機敏に行えます。

もちろん、アルミよりもスチールの方が強度面やシルバーカーの価格を抑えられますが、最近主流はアルミフレームのシルバーカーです。

折り畳み機能の有無

シルバーカーは車椅子に比べればコンパクトはですが、玄関先にそのまま置いておくと邪魔になる家庭もあるのではないでしょうか。

ご自宅はもちろん、訪問先でも折り畳み機能を有したシルバーカーの方が喜ばれるのは言うまでもありません。

ブレーキの有無とブレーキの操作感

シルバーカーを使う環境は、必ずしも「平坦な路面」だけでありません。

見た目では大した坂に見えなくても、荷物を積んだシルバーカーで高齢者が坂を下るのは「思わぬ事故」が発生しやすくなる危険な場面です。

シルバーカー選びで、ブレーキが装備されているか否かは安心、安全にかかわる部分ですのでよくご確認いただいた方がいいポイントです。

また、ハンドルの高さが自分に合っていないシルバーカーでは、咄嗟のブレーキ操作に遅れが出る場合がありますので、ブレーキ機能を生かすには「ハンドルの高さ調整機能」があった方が安心でしょう。

おすすめシルバーカー