シニアカー・電動車椅子を購入する場合

父の日、母の日のプレゼント

購入するメリット

  1. 新品、中古、色やメーカー等、自分で好きな車種を選ぶことができる
  2. 面倒な手続きを踏まなくても、購入後すぐに使用できる
  3. レンタルと違い、気兼ねなくカスタマイズして使用できる
  4. 贈った方、贈られた方、双方が非常に満足できる
  5. 廃棄する場合、処分料等がかかる場合がある

購入のデメリット

  1. 介護保険の対象とならない為、費用は全て自己負担となる
  2. 初期費用がレンタルに比べて高く
  3. 任意保険は自分で加入する必要がある(家族のものでも可)
  4. メンテナンス、修理代は自己負担となる
父親や母へのプレゼントはシニアカー電動車椅子が喜ばれる?

シニアカー電動車椅子のレンタルの条件

シニアカー電動車椅子のレンタルと聞くと

  • 初期費用が安い
  • 毎月、安価でシニアカー電動車椅子がレンタルできる

というイメージを持ってしまいますが、まずシニアカー電動車椅子をレンタルする条件は

介護保険 要介護2以上である

いまいち、「要介護2」と言われてもわかりませんよね?
簡単に言うと

自分で立ち上がりや歩行ができないことが多く、日常生活全般において部分的な介助が必要。

という状態です。

これも知ってしまうと、たとえシニアカーや電動車椅子がレンタルできたとしても、もはや「1人で出掛けられる状態ではない」というのは明白ですよね。

言うまでもありませんが、免許返納後の「まだまだ元気」な高齢者の方は

レンタルよりも購入を選ばれる方が大半です。