車椅子の選び方|おすすめ売れ筋車椅子はどれ?

車いすと女性

車いすの種類

自走式車椅子

文字通り、自らハンドリムを漕いで走行する車椅子。

大きな特徴は、外径大きい後輪タイヤとホイール部分に取り付けられたハンドリム。
押し手部分にブレーキない辺りでしょうか。

もちろん、タイヤ径を大きくと漕ぐ力は少なくて済みますが、コンパクトさには欠けてしまいます。

介助式車椅子

介助式の特徴は、介助者や同行者に押してもらうことが前提になりますので、タイヤ径が小さく、ハンドリムは装備されていません。
手押し部分に介助ブレーキが設けられているのも特徴。

タイヤが小さく、ハンドリムが無い分、軽量で折りたたみもや車輌への積み込みもスムーズに行えるのが嬉しいところです。

自走介助兼用車椅子

上記の自走式と介助式の車椅子の特徴を併せもつ現在主流のハイブリッド車椅子。
文字通り、一人で漕いで移動する事もでき、介助者に押してもらう事もできる可能。

外見は自走式に近く、手押し部分の介助ブレーキが装備されているのが特徴です。
デメリットは自走式同様に、大型になるため重さや収納面でしょうか。

おすすめ車椅子

車椅子の相場は2万円前後が主流

売れ筋の車椅子は、だいたい1万円後半から2万円の前半程度が相場です。

高いものになると4~5万円程度の価格帯のものから数百万円のものまで幅広く販売されています。

もちろん、

おすすめの車椅子は2万円前後のモデルで、車種も豊富に揃っています。

おすすめの自走介助兼用車椅子

軽量車椅子の代表格。今もっとも売れてる車椅子。

電動車椅子の販売も行っているケアテックジャパン。

電動車椅子同様、幅広いカラーバリエーションから好みのカラーが選べるのが好評の車椅子です。

カワムラサイクルは、車椅子製造では大手メーカーで、高機能でおしゃれな製品をラインナップ。

このAY18-38も「おしゃれ」「取り回しがしやすい」と好評の車椅子です。

おすすめ介助式車椅子